2011年01月16日

「ドーン」

…と言っても爆発音ではなく、「夜明け」の「DAWN」のこと。
そんなタイトルの本を図書館で借りて読みました。

ドーン (100周年書き下ろし)ドーン (100周年書き下ろし)
平野 啓一郎

講談社 2009-07-10
売り上げランキング : 95559

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


平野啓一郎の作品は初めて読みましたが、芥川賞作家らしい重厚な表現(注:自分がよく読んでいるミステリーとの相対比較)で、登場人物の葛藤がみっちりと描かれており、なかなか重たい作品でした。ただ、ストーリー自体は火星へのミッション、そこで発生した事件、そして米国大統領選&その選挙を巡る陰謀…など、エンターテイニングな内容になっており、楽しく読み終えることができました。

それよりも感心したのは(という言い方もアレですが^^;)、本作で描かれている近未来の描写でした。

世界中の監視カメラの映像を対象に任意の人物を顔検出で検索することができる「散影」システムや、AR的な技術など、現在の最先端テクノロジーの20年後くらいの発展形が物語の中に違和感なく描かれており、ある意味、我々研究者がたまに想像する20〜30年後の未来よりも的確(というよりはリアル?)な予測にも感じました。研究者目線だと、どうしても技術的な観点からの予測になってしまうのですが、本作では、技術の発展にともなう人間の生活、社会全体、そして人間の心理的な変化にまで踏み込んだ描写になっており、よりリアルだなぁと。

そして、本作のコアとなっている「分人主義(dividualism)」という考え方(人は単独の人格で構成されているのではなく、相手によって使い分けられている複数の人格からなる)も、ソーシャルメディアの普及によって複雑になってきている現在の人間関係の発展形の1つにも思えて、今後ソーシャルメディアを対象に研究をしたり、実際に利用したりする身としてはいろいろと考えさせられる内容でした。現在、そもそも存在する考え方なのか、作者が本作のために作った考え方なのかはわかりませんが。。

フィクションではありますが、いろんな意味で人類、そして技術の未来について想像をかきたててくれる良作でした。
posted by ほあほあ at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〆切地獄

2011年はブログもがんばるぞ!宣言から、早くも1.5週間くらい放置してしまったので、取り急ぎのエントリー。

同じ分野の研究者にはご理解いただけると思いますが、例年1月は大会系の論文の〆切が多数発生します。そのため、我々には「おとそ気分」なる概念は存在せず(むしろ「正月休みはいらねー」と思ってる人多いはず)、年始早々から論文執筆に追われる日々です。

私の職場では、いまどきの企業にしては珍しく、学会での発表を奨励しており、若手研究員は大会系の発表がほぼ義務付けられています。必然的に、この時期には若手研究員の原稿が飛び交うこととなるわけですが、そんな若手のみなさんの原稿に加え、一緒に研究している学生さんも今年は同じ時期にガンガン論文を出してくるものですから、いやぁ〜、正直なかなか大変です。

ところで、大学の先生方はそんな私の何倍もの数の論文(卒論・修論含めて)を見ているはずなのですが、いったいどうやってさばいているのか、不思議で仕方ありません。何かコツがあれば、ぜひご教授いただきたく。。

…と、そんな他人の〆切の大きな山はなんとか越えられたものの、いつの間にやら自分の原稿の〆切も迫ってきていて、今慌てて論文を執筆しているところです。それなりの国際会議への投稿を目指しているのですが、必死こいてがんばっている世界中の研究者がいる中、こんなノリで書いている論文がacceptされるのでしょうか。というか、投稿できるのでしょうか。

乞うご期待!(何をや)
posted by ほあほあ at 00:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

新年にあたり

…軽〜くエントリーしときます。

2010年は肩書きが変わり、プロジェクトメンバーの研究管理に業務の比重がシフトした一年でした。

ヒラ研究員時代でも、インターン生や後輩の研究の面倒を見ていたりしたので、あんまり仕事の内容も変わらないのかなぁ〜と考えていたのですが、実際にそういう立場になってみると、思いのほか、仕事に対する意識を変える必要に迫られました。詳細な背景はココではご紹介しかねますが(苦笑)、いろんな意味で自分の未熟さを思い知らされた一年だったなぁ…というのが正直な実感です。

そんな2010年に比べると、2011年は平穏な一年…になるといいのですが、なんやかんや激しい変化はありそうなので、気を引き締めていかなあかんなぁと考えてます。引き続き、よろしくお願いします>誰ともなく

で、このブログについては、昨年の振り返りエントリーでも申し上げた通り、event driven な内容中心になったことと、エントリー数が減ったことを反省してます。その背景としては、自分の本名・本所属を晒しているTwitterアカウントからこのブログへの導線を引いたことにより、「ヘタなことは言えないなぁ〜」と考え、変に萎縮してしまったことが一因でもあります(学会への参加は公の情報なので、エントリーが書きやすいんですよね…)。

その反省を振り返り、2011年はこのブログでもより積極的に情報発信することを宣言します。具体的には、週1くらいの頻度でエントリーをアップできればなぁ〜と思いますし(若干心配)、会社に怒られない範囲内で(苦笑)、個人的な考えについても発信したいです。

ということで、本年も何卒よろしくお願いします。
posted by ほあほあ at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

2010年を振り返る

毎年一人で恒例にしている、ブログでの一年振り返りエントリーです。ちなみに、2009年版はこちら

1月:
年明け早々、ラスベガスに行ってました。というか、あれからまだ一年も経っていないことが軽い衝撃。時が流れるのは早い。

2月:
委員やっている研究会に参加。PRMUでは初めてプログラム担当やらせていただいた研究会が無事に盛り上がったのがよかったです。

3月:
大学時代の恩師の最終講義に出ました。おつかれさまでした。

4月:
エントリーがない。。orz

5月:
高校での授業。授業そのものは楽しかったのですが、終わったあとのグッタリ感は今でも覚えてます。学校の先生ってすごい。

6月:
またエントリーがない。。orz

7月:
SP/SLP研究会に招待講演でお呼ばれ。Twitter IDを本格的に晒し始める。

8月:
SP/SLPに引き続き、SIGMUSの夏シンポに参加し、温泉食事に飽きる。w

9月:
唯一のエントリーがPRMU/IBIS研究会への参加。このあと、続いてFIT2009にも参加したので、実は1週間近く福岡に出張。もつ鍋はこれ以来、まだ食べてません。

10月:
楽しかったフィレンツェ

11月:
あ、フィレンツェ楽しいといえばこっちのエントリーの方が適切か…。

12月:
一年の締めくくりがギックリ腰とはあんまりだ。

…と、振り返ってみると、完全に event driven(≒学会driven)なブログと化してしまってますね。。来年はもう少しイベント以外のネタも含めて、エントリーを増やしていきたいと思います。

良いお年を!
posted by ほあほあ at 21:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

PRMU201012@山口大

…に、参加してまいりました。プログラムはこちら

今回は、12月恒例のフェロー&マスター研究会との共催の例会。毎回、大御所の先生方に多くご参加いただける貴重な機会になっていますが…今回は参加人数がやや少なめだったような気がします。昨年の会は東京からのアクセスがよかったからかも知れませんが。

それはさておき、今回の(個人的な)ハイライトは産総研・後藤真孝氏の特別講演「音楽情報処理のフロンティア」。後藤さんには日頃SIGMUSではお世話になっており、同様の趣旨のご講演も過去に何回か拝聴してはいるのですが、定番の話題を入れつつ、ちゃんとPRMUコミュニティ向けにネタをアレンジしてくるのがこのお方のすごいところ。いつもながら前向きかつ明確なメッセージというか風を吹きこんでいただき、PRMU専門委員としても非常にありがたかったです。

今回の例会(温泉での懇親会も含めて)では、PRMUコミュニティの「改革」についての議論が多かったように思えます。PRMU研究会自体は、毎年10回くらい例会を開催しているにも関わらず、発表件数を集めるのにさほど苦労しておらず、学会活動全体が縮退傾向にある中ではかなり好調な運営状態にあるといえます。ただ、こういう状況だからこそチェンジが必要!と、現・副委員長(@mickbean)から強いメッセージがあり、その空気に乗っかる形でいろいろ議論が盛り上がったのではないかと思います。

具体的な取り組みについては議論が尽きないので、ここで細かく言及はしませんが…PRMUコミュニティをより活性化するために意識すべきことがあるとすれば、それはSIGMUSにおける後藤さんのように、コミュニティ外の研究者(特に学生や若手研究者)や、世間一般に対して前向きなメッセージを発信することではないでしょうか。内向きの議論を通じた技術の深掘りももちろん重要ではありますが、それとは別に、他のコミュニティに乗り込んでいってPRMU的研究の魅力について大いに語れるような機会を作ったり、ソーシャルメディアを活用した情報発信力の強化を図ったりすることができれば、いろんな能力や考えを持った研究者がどんどんPRMUコミュニティにも参加いただけるようになると思います。

イチ専門委員ながらエラソーなことを申し上げてしまいましたが…ひとまず議論ネタの提供までに。

…と、またもや地味ぃなエントリーになってしまったので、今回の宿泊先である湯田温泉・常盤で毎夜開催されている衝撃のエンターテイメント「女将劇場」の動画を入れときます(苦笑):


posted by ほあほあ at 00:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

宇多田ヒカルライブUst中継

本日はノー残業デーだったので、早めに帰宅。

そういえば、@utadahikaru が…

7pmよりUstream生中継でっせ!
http://twitter.com/utadahikaru/status/12438684645195776

…って言ってたなぁと思い出し、軽く確認してみようとアクセスしてみたところ、最後のアンコール曲まで釘付けになってしまいました。すばらしかったです。ここまでクオリティの高いライブがUstで無料で見られるとはね。




が、時間を置いて振り返ると、Ust中継はつながってるときは画質・音質とも文句なしだったものの、途中で映像・音声が完全に止まったりするわ(おかげで First Love が聞けへんかった。クスン)、自分が聴いた範囲内では一部高音の歌がキツそうだったわ…など、ライブ映像の質としては必ずしも万全ではなかったなぁと。

じゃあ何が良かったのかと思い直してみると、ライブ映像の横を流れているソーシャルストリーム。もっと言うと、そのソーシャルストリームが生み出す見知らぬ人との共有感がよかったなぁと、実感した次第です。

本来、音楽ってこうやって楽しむもんですよねー。

もちろん、iPodや携帯のイアホンを耳に差しながら一人で聴く音楽も悪くはないんですが、見知らぬ多くの人々とともにライブで音楽を楽しむという体験は、何事にも代えがたいなぁと思います。

その体験をより多くの人に届けるためのひとつのアプローチは、どこにいてもライブ会場の臨場感が感じられる超臨場感通信技術の発展…だとは思いますが、Ust中継+ソーシャルストリームという(音楽的には)しょぼい環境でも十分感動的な体験ができているので、超臨場感通信みたいな大げさなテクノロジーを使わずとも、より効果的・感動的な音楽体験ができる技術があるんじゃないかなぁ〜とか、ぼやっと考えさせられるライブ体験でした。

せっかく楽しい内容なのに、テキスト文のみの地味ぃ〜なエントリーになってしまったので、本日の主役からの最新PVを入れてみます:



すばらしいライブ、ありがとうございました!
posted by ほあほあ at 00:05| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | IT関連ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

ぎっくり腰中に読んだものまとめ

…を、先週末やっちまいました。たぶん、5年ぶり3回目。

そんなわけで、せっかくの日曜日(しかもヨメが仕事で不在)だったにも関わらず、寝床から出ることなく過ごすハメに。。横になりながらだとノートPCも操作できないので、ひたすら読書&iPod touchでネットサーフィン(死語)をしてました。

せっかくなので、レビューをば。

電子書籍の真実 (マイコミ新書)電子書籍の真実 (マイコミ新書)
村瀬 拓男

毎日コミュニケーションズ 2010-07-24
売り上げランキング : 162195

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者は否定しているが、完全に出版社目線からの電子書籍分析。日本語の出版物を完全にデジタル化することの難しさは、まぁ、わからなくはないのですが、AmazonとかAppleとかGoogleとかはそんなのカンケーねー(死語)と参入してくるでしょう。となると、問題はユーザ(読者)がどこまで出版社が守ろうとしているコダワリを気にするか?ですが、なんとなく「電話は絶対に通じないといけないんだ!ベストエフォート?ありえん」と言ってる昔の電話会社のイメージとかぶる。

私が彼を殺した (講談社文庫)私が彼を殺した (講談社文庫)
東野 圭吾

講談社 2002-03-15
売り上げランキング : 3689

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ヨメさんが昔買ってた文庫を引っ張り出してきてくれた。「犯人は、あなたです」と、加賀刑事が真犯人を指差す直前で終わる。この結末を知らずに買ってたら発狂しそうだ。w

町長選挙町長選挙
奥田 英朗

文藝春秋 2006-04
売り上げランキング : 157962

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ひと通り積んでもらった本を読み終わったので、仕方なく?iPod touchで買った初めての電子書籍。内容については、まだ全部読んでいないので置いといて、ぎっくり腰のときはiPod touchでの読書が一番快適かも…と思いました。文庫本よりも軽いし。ただ、電子書籍ならでは?の機能として提供されている、文書中の言葉をハイライトしたり、Web検索できたりする機能は、小説にはあまり意味がないような。
posted by ほあほあ at 01:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

ACM Multimedia 2010(非・学会編)

前回のエントリーにて、

会場となったフィレンツェの街は想像以上に美しく、食事も美味しく、かなり満足度は高かったですが…そのあたりのご報告は別エントリーでするとして、ひとまず会議についての感想をば。

…と、書きっぱなしで放置していたので、いちおう軽く報告しときます。

<市内の様子>
学会のバンケット会場が宮殿だったりしたので、あんまり一生懸命観光しなくてもフィレンツェの街を楽しむことができたのは幸い。それにしてもやっぱりヨーロッパの歴史ある街並みはすばらしいですね。日本やアメリカには出せない雰囲気です。

DSCF1011.jpg DSCF1015.jpg DSCF1053.jpg


<食べ物>
イタリアの食事の美味さは、出発前から楽しみにしていたのですが、ほぼ1週間イタリアンしか食べなかったにも関わらず、飽きることはありませんでした(笑)。日本のイタリアンのお店ももちろんおいしいのですが、なんというか、やっぱり本場は違うなぁと。

特に、ジェラートは「日本でも食えるし…」と思いつつ、初日の夜の帰りがけに一度食べてみたのですが、たまたま入ったお店がよかったのかめちゃくちゃうまくて、その後3晩連続で食べるという有様でした。(スイーツ好き研究者なので…)

DSCF0912.jpg DSCF0972.jpg DSCF0962.jpg

DSCF0978.jpg DSCF0960.jpg DSCF1005.jpg

あとは、最後の夜にお邪魔したRistorante Perseusというお店がすばらしかったです。イタリア専門の旅行会社に勤めている友人が、いの一番にレコメンドしてきたトスカーナ・ステーキのお店ということで、入る前から脳内ハードルはかなり高まっていたのですが、そのハードルを軽々と越えてきやがるほど美味かったです。(メインの肉は無論のこと、前菜も、デザートも)

DSCF1032.jpg DSCF1027.jpg DSCF1022.jpg

DSCF1026.jpg DSCF1030.jpg DSCF1033.jpg


<観光メモ>
  • ピサの斜塔:
    フィレンツェ市内から電車で約1時間ほどかかります。斜塔には登ることができるのですが、事前に予約が必要なのでご留意を!
  • ウフィツィ美術館:
    こちらも事前に予約しとくのが吉です(でないと大行列に並ぶ必要あり)。展示は思ったよりも時間かけずに見て回ることができました。個人的には2時間くらいで十分。


出張先で「また来たい」と思わせてくれる街にはなかなかめぐり合えないのですが、フィレンツェは再訪問したい街の(私的な)リストにランクインしました。今度はプライベートで行きたいなぁ。
posted by ほあほあ at 17:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

ACM Multimedia 2010(学会編)

10/25〜29に開催された国際会議・ACM Multimedia 2010 に参加するため、イタリア・フィレンツェまで出張してまいりました☆

ACM Multimedia 2010
http://www.acmmm10.org/

なんやかんや、年1回くらいは国際会議に参加させていただいているのですが、自分の主戦場であるマルチメディア分野の最高峰会議の1つである ACM Multimedia には何気に久々の参加となりました(記憶が正しければ最後の参加は ACMMM'03 @ Berkeley)。

会場となったフィレンツェの街は想像以上に美しく、食事も美味しく、かなり満足度は高かったですが…そのあたりのご報告は別エントリーでするとして、ひとまず会議についての感想をば。

続きを読む
posted by ほあほあ at 22:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

Mac mini 買い替え&移行作業

手持ちのiPod(Classicという呼称が出る前のClassic型)が、勝手に曲をスキップしたり、ほぼ動画が視認できないくらい画面表示が乱れてきていたりするなど、だいぶ限界を迎えていました。そこで、先日発売が開始された新・iPod touchを誕生日プレゼントとして先月いただきました。やったー。

…と、喜んだのも束の間、手持ちのMac mini(未だPowerPC搭載)ではOSが古すぎてiTunesが受け付けてくれないことが発覚。orz

せこくOSのみをアップデートする方策もありましたが、このMac miniもだいぶ動作が遅くなっていたので、ヨメさんを説得して新しいMac miniも買うことにしました。やったー。

ということで、めでたく我が家におしゃれなアルミ筐体のMac miniが降臨なさったわけですが、ヨメさんは自宅でも多少の資料作りを要するお仕事なので、旧Mac上のデータを新Macに移行させる必要があります。

マカーならご存知の通り、Macには「移行アシスタント」という超・便利なユーティリティがありまして、新旧のMacを接続するだけで、ユーザの情報やデータごと新しいMacにごっそり移すことができます。ちなみに、先々代のMacがOS9だったので、私自身は使ったことがなかったのですが(苦笑)…まぁとにかくそういうことができるという情報を事前にゲットしていたので、移行の作業もさっくり済むかなぁと見積もっていました。

ともあれ、作業開始(写真参照。親子亀のようですw)

175830486.jpg


FireWireのケーブルなんてマニアックなブツは我が家にはないので、とりあえずはイーサネットケーブルでの移行を試してみることに。イーサネットを両Macに直接差して、双方で移行アシスタントを立ち上げればOK…という話だったのですが、新旧のMac mini、お互いの存在は認識しているものの、なぜだかエラーが
発生し、結果的にこの方法では移行を行うことができませんでした。

もう少し具体的に状況を説明すると、

  1. イーサネットを接続した状態で、新旧Macで移行アシスタントを起動
  2. どっちかのMacで表示されるパスコードを、別の方のMacの移行アシスタントに入力
    (ここまではマニュアル通りの動作)
  3. しばらく時間が経つと、再度2.のパスコードの入力を求められる
  4. 再入力後はアイコンがくるくる回るばかりで何も始まらない


…という感じです。

ここで、熱意あるギークであれば「ブログのネタにもなるし」的な感じで、徹底的にこの問題を解決するための手段を追究するところなのですが…後ろには仕事で新しいMacを使いたいとウズウズしている(うそ)ヨメさんもいる状況なので、イーサでの移行をさっくりあきらめ、パスコードの入力という単純な作業の必要
すらないFireWireでの移行に切り替えました。

しかし、前述のように、FireWireのケーブルなんてマニアックなブツは我が家にありません。そして、よくよく各MacのFireWireの差込口を見ると、旧Macの方は(個人的には)馴染みのある五角形の形状である一方、新Macは見たことがない長方形。こんなマニアックなケーブル、我が家どころか会社にもありません(苦
笑)

ということで、下記の物品をAmazonでポチっとして、納品までしばしお待ちいただいた後、FireWireで無事に移行を済ませることができました。

SANWA SUPPLY IEEE1394bケーブル 0.3m ホワイト KE-B9603W
SANWA SUPPLY IEEE1394bケーブル  0.3m ホワイト KE-B9603W
サンワサプライ
売り上げランキング : 16108

おすすめ平均 star
star新型の800しかない方には必修(?)かも
star短いとは・・・全長30cmでした。
starマック使いさん必見!の1本。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


たぶん2度と使わないであろうケーブルのための出費としては正直ビミョーなところでしたが…まぁともあれ、めでたしめでたし。
posted by ほあほあ at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。