2009年08月02日

SIGMUS81@福島

…に、参加してまいりました。

第 81 回音楽情報科学研究会プログラム
http://www.ipsj.or.jp/sigmus/SIG/sig200908program.html


1241740163_250.jpg夏恒例の2泊3日の「夏シンポ」。しかし、残念ながらフル参加の都合がつかず、2日目のお昼からの途中合流となりました。

出張の理由作りのため、また座長を務めさせていただきましたが、担当セッションの発表はなかなか面白かったです。タイムキープを優先して質問をぐっと我慢せざるを得なかったのは残念。一度くらい、時間を無視して質問しまくる、やんちゃな座長になってみよっかな。w

デモセッションでは、ORPHEUSのデモに感心。存在自体はもちろん知ってましたが、Webのデモがここまで仕上がっていたとは、恥ずかしながら把握してませんでした。

研究会終了後には、国際会議の local committee の会議に初参加。こちらはこちらで、また忙しくなりそうです。(と言いつつ、個人的にはまだほとんど contribute できてませんが…)

あ、写真は飯坂温泉駅前に立ってた、松尾芭蕉の銅像。ゆかりの地らしいですが、東北地方はゆかりの地だらけでは?w
posted by ほあほあ at 22:10| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

ICME2009報告

34543187_4111940623.jpgしばらく間が空いてしまいましたが…先週、ICME2009@NYCに行ってまいりました。

個人的には、ISMIR2007の出張以来、2年弱ぶりの国際会議。そんなにブランクを空けていたつもりはなかったのですが…やはりサラリーマン(非研究員)生活の影響が大きかったか。

今回の会議、新型インフルエンザ騒動により、当初予定していたメキシコ・カンクンから、急遽NYCに変更になっています。その影響で、ビザ取得が間に合わなかったと思われる、中国の研究者がほとんど参加できていなかったため、全体的にさみしい雰囲気となりました(関係者のTwitterつぶやき情報が正しければ、registerした人の25%がno showだったとか)。とはいえ、いちおうIEEE系の会議だけあって、発表の質はそこそこレベルは高く、楽しく聴講することができました。

大きなトレンドとしては:

1. Web情報からの知識獲得
2. 画像解析でのSIFT特徴→Bag of visual words
3. 位置情報など、メタ情報の利活用

…あたりが目についたかな。自分のテーマとモロかぶりということもありますが。

2, 3あたりは、国内でも類似研究は多いんですが、1は、Web情報の圧倒的多数が英語のせいか、あまり流行っていないような気がします。英語ベースでマイニングした知識を、日本語をはじめとする他の言語に展開する研究は面白そうなのですが、着手するリソース(=時間)が確保できるかどうか…。

ちなみに、今回は久々の出張ということもあり、課外活動もけっこう充実させちゃいましたわーい(嬉しい顔)。このあたりは、後日、別エントリーにて。
posted by ほあほあ at 00:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

PRMU200905@岐阜大

090529_1106~01.JPG…に、参加してまいりました。開催プログラムはこちら

PRMU/IE/MIの3研究会共催ということもあり、懇親会も含めて大勢の人が参加してました。

個人的には、特別講演された、東大・相澤先生と北大・長谷山先生のお話が大変興味深かったです。「今後は複数の行動履歴データの複合的利用がキーポイント」という、相澤先生の講演の主旨には納得しましたし、実用的なI/Fをとことん重視するという長谷山先生の主張もおっしゃる通りだと感じました。

ただ、「query-basedな検索は死んだ」的な発言は、ちょっと言い過ぎかなぁと。実用的ではないのは確かですが、実用的な検索I/Fの原点にあるのは、クエリに合致した検索結果がちゃんと返ってくることですので、そこはやはりちゃんと研究と評価はせなあかんように思えます。

写真は、世間を騒がせてる例のウィルス対策です。こうした心配りを含め、この騒ぎの中、会場を準備された皆様には頭があがりません。
posted by ほあほあ at 23:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

SIGMUS80@筑波大

1日目に共著の発表があったにも関わらず、2日目のみ参加です。w

http://www.ipsj.or.jp/sigmus/SIG/sig200905program.html

音楽情報科学研究会なのに、なぜかセッションの半分がニ○ニ○動画に関する内容でしたが、個人的にはそっちの発表の方が面白かったかも(笑)。というか、ニコ動のユーザって、どうしてあそこまでコンテンツ制作にエネルギーを注ぎ込めるのか、素朴に不思議です。

あと、招待講演の某ゲームメーカーの方のお話もなかなか面白かったというか、お客さんからお金をとるモノを作るのは、きわめてシビアな世界であることを、改めて認識しました。
posted by ほあほあ at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

PRMU200902

本日は、2009年2月PRMU研究会@東大生研。

http://www.ieice.org/~prmu/jpn/program/0902.html

今回の特集テーマは「文字・文書の認識・理解」。自分の今の研究には直接は関係がないのですが、動向が知りたくて、こちらに参加させていただきました。
#専門委員会があったから…という事情もありますが

午前のセッションは、じゃんじゃか割り込み作業が入り、ほとんど聴講できなかったのですが(なんだかなぁ)、午後の九大・内田先生のご講演や、パネルディスカッションは興味深く聞かせていただきました。

文字認識という研究テーマは、文字OCRソフトが比較的安価で商品化されていたりするため、ほぼ完成しているのでは?…というのが、門外漢である私(&おそらくその他大勢の方々)が抱いている印象だとは思いますが、なるほど、まだまだやるべきことはあることは理解できました。

ただ、パネルディスカッション中でも意見されていた通り、関連研究分野の中では、顔認識関連の研究が華やいでいるように見えるため、なかなか新たな研究者を巻き込むことが難しい(←「どうせやるなら楽しそうなテーマが良い」という当たり前な研究者感情に起因)という、成熟しつつある研究分野ならではの閉塞感もありありと感じました。

パネラーの方もおっしゃっていましたが、研究分野を盛り上げようと思ったら、ちゃんと研究することはもちろんのこと、その成果を効果的に「魅せる」デモアプリを作ることも重要ですよね。

こうしていろんな分野の状況を知るにつき、ここ数年の音楽関連研究コミュニティのプレゼンスの示し方は上手だなぁ〜と、改めて感心します。

両分野の兼務っぽい立場の自分としては、ビミョーなところですが(謎)
posted by ほあほあ at 22:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SIGMUS79@お台場

090218_2018~01.JPG…に、参加してまいりました。

http://www.ipsj.or.jp/sigmus/SIG/sig200902program.html

自分が共著の発表もあったりしたのですが、本日のハイライトは、McGill University の Prof. Ichiro Fujinaga 氏による招待講演。

音楽ライブラリ(音源・楽譜・LPレコードなど)のデジタル化プロジェクトについてのお話がメインでしたが、何事も本気で追究すれば、研究ネタはいくらでも出てくるもんだなぁ〜と、改めて実感させられました。あの姿勢は、見習わないといけませんな。

ちなみに、今回の会場は産総研の臨海副都心センターだったのですが、フジテレビ本社、レインボウブリッジ、東京タワーが同時に見られる夜景は圧巻です(写真では全く伝わらないと思いますが^^;)。うちの会社もああいうオシャレな場所にあるといいんだけどなぁー。w
posted by ほあほあ at 01:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

委員会のハシゴ・後編(SIGMUS78)

で、PRMU@熊本に出てから、情処・音楽情報科学研究会に参加してきました。

 http://www.ipsj.or.jp/sigmus/SIG/sig200812program.html

私が合流した2日目は、まぁぶっちゃけ自分の研究テーマからは離れている発表ばかりだったので、委員会への出席が参加目的のほとんどでしたが(苦笑)、パネルディスカッションはなかなか面白かったです。共催研究会の中心メンバーによる「音楽の定義とは?」などといったディープな議論、時間切れがなければいつまで続いたことやら。w

SIGMUSの運営委員会の方は、若いメンバーが中心となっていろいろ試行錯誤しながら、研究会を盛り上げていこうという雰囲気で、大御所がどっしりと運営しているPRMU研究会とはまさに対照的。上記のパネルディスカッションも、そんな雰囲気から出てきた企画なのですが…こういった企画、PRMUでもやってみたら盛り上がるかなぁ?
posted by ほあほあ at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

委員会のハシゴ・前編(PRMU,2008.12)

(新たに「学会」カテゴリを追加しました)

年末の忙しい中、たまたま研究会の委員会が重なったので、熊本〜大津と出張してきました。

熊本では、2008年12月PRMU研究会に参加。

ここは、今年から専門委員を仰せつかっているのですが…実は分野的には若干自分のコアの研究テーマとはズレているので、委員会ついでの聴講でいろいろと勉強させてもらっています(苦笑)。自分が発表した研究会も含めて3回くらい出ましたが、ようやくこの分野の中でのトレンドが少しつかめてきたかな。

ちなみに、今回は「恒例の」宿泊専門委員会ということで、なかなか立派な温泉宿にお世話になりました。PRMUはISS最大の研究会(「最大」の定義は不明ですけど)とのことですが、ずらりと揃った大物先生を含むメンバーを眺めていると、確かに圧巻です。もう1つ運営委員をやっている研究会とは好対照やなぁ〜、ということで、後半に続く
posted by ほあほあ at 09:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。