2008年09月30日

研究と実用のハザマ

3日前くらいが投稿〆切の論文を、本日AMまで執筆してました。
(この程度で矛盾を感じるようなら、まだ研究者として甘いw)

いちおう、査読付きの研究会ということで、それなりの評価をでっち上げる必要があるのですが、なんとかかんとか体裁だけは整えられたような。〆切当日まで実験してましたがね。苦笑

論文(自然科学系)として、最低限の体裁を整えるための条件は:


  1. 解決すべき課題の設定
  2. 課題を解決するための新たな手法の提案
  3. 設定した課題に対し、提案手法が有効であることを示す評価結果の提示


…なのですが、1stステップで設定する課題については、研究者自身がある程度定めることができるのが、研究者のラクなところだと思っています。
(もちろん、課題が汎用的であるほど良いのは言うまでもありませんが)

他方、研究成果がなかなか実サービスに結びつかないという悩み、研究所を抱える大きな企業なら、どこでもある程度は発生している(と、最近読んでる本にはよく書かれている)のですが、多分、その要因の1つは、研究論文を書く際に設定する課題と、実用化に向けて解決すべき課題がずれていることなのではないか?…と、改めて実感しています。

研究で解決する課題が、多くの人にとって重要かつ汎用的であれば、実用化への流れもスムーズになるのかも知れませんが、そのような課題は一朝一夕では解決が難しいというか、そもそもワンステップで解決できるわけがないので、なかなか論文化しづらいものなのです。

つまり、短期的な成果として、論文を稼ぎたければ、そこそこ現実的に解決できる課題を設定しちゃえ〜…という発想に陥ってしまいます。

博士号とる前の若かりし頃(苦笑)は、もちろん、こんなことは全く考えずに、ひたすら目の前の課題を解決し、フルペーパー化する研究作業に邁進していたのですが…博士号をいただき、実用化寄りの部署での勤務を経た後、改めて研究論文を書く立場になってみると、自分で設定したしょぼめの課題を、ちまちま解決していく作業が、楽しくはあるものの、若干空々しく感じてしまいます。



…という程度の論文ではありますが、無事にacceptされるといいなぁ。
#どっちやねん

posted by ほあほあ at 00:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

転換期

部下クンが今頃Philadelphiaで楽しく学会参加している中、せっせと事務作業と打合せをこなす日々。

研究活動再開してから半年しか経っていないので、現時点で国際会議で発表できるネタがないのは当然なのですが…研究所に復帰してからも研究以外の仕事がこうも続くと、果たして自分は学会にプレゼンターとして復活する日は来るのか? だんだん不安になってしまいます。(-_-;)

そんな空気に流されるがまま、後方支援に回るのもなんとなくシャクなので、研究者としてもう一花あげたいところではありますが…いろいろこなしつつ、研究も進められるほど器用に並列処理できる性格でもないので、なかなか悩ましい状況であります。

ま、それはさておき、寝ますかね。笑
posted by ほあほあ at 00:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

夏休みモード

周りの人がいっぱい休んでいるおかげで、メールも少ないし、打合せもあんまりないし…ということで、今週は現研究ネタ・新研究ネタ・周辺研究ネタ等々に関する論文を読みまくって過ごしてます。

心がピュアなせいか(笑)、他人の論文を読むとあっさり洗脳されてしまいがちなので、普段はそんなに一生懸命サーベイしないんですが…やっぱり関連研究の動向を知ることは大事だなぁ、と。

あとは、この成果をどう活かすか?
posted by ほあほあ at 00:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

SIGMUS76@名古屋

…に、日帰りで行ってきました。

  http://www.ipsj.or.jp/sigmus/SIG/sig200808program.html

経費節減の折、聴講だけの宿泊付出張が難しくなっているとはいえ…午前に会場に駆けつけ、お昼の委員会に出て、セッション座長をこなし、帰京するだけの参加は慌ただしすぎますな(-_-;)

あと、よくよく考えると、かなり忙しくなりそうな仕事をとーっても安易に引き受けてしまったような気もしなくはないが…ま、まだ来年の話だし、そんときになったら考えますか(苦笑)
posted by ほあほあ at 23:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

続報

年中行事の続報。

プレゼン自体はつつがなく終了と言いますか、その場での議論もそこそこ盛り上がり、個人的な目的はある程度達成できました。わいわいやった結果、「引き続き検討するように」という、まぁ、ありがちな結論ではありましたが。

基本的に、下からあがってくる研究テーマ案に対し、よほどスジが悪いもの以外は「NO」と言わないのが、うちの研究所のイイところではあるんですけど…最終的に、現在抱えているテーマとの調整も含めて、完全に研究者任せというのも、研究管理的にはどうなんだろ?とも思ったりします。(^^;)

あと、まぁこれは個人的な話ですが、今回の研究テーマ提案も含め、最近は企画書作りばっかりやっているような気がしていて、なーんか微妙な感じです。

全員が研究企画的な仕事をやるというのも、大企業の研究所の一つのあり方なのかも知れませんが(実際の研究は大学などに任せ、企業側ではビジネス化に向けたインテグレーションを行うという形。米国の事例に関する参考記事はこちら)、研究者としては若干物足りない感じもしている今日このごろです。
posted by ほあほあ at 08:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

もひとつの年中行事

ビアパーティとはだいぶ趣が異なりますが、毎年夏頃に、研究者から新たな研究テーマ案を募り、良さげな案をお偉方にプレゼンできる…というイベントが開催されます。

それはそれは楽しそう☆…と思われるかも知れませんが、今抱えているテーマで手一杯という状況の研究者がやはり多く、企画担当の人はいっつもテーマ案を集めるのに苦労している印象です。

ちなみに、私はサラリーマン兼務のときに研究を抑えざるを得なかったり、研究者のときと比べていろんな外的刺激を受けたりしていたので、今はけっこう「タマっている」状態(苦笑)

とゆことで、周りの人も巻き込みつつ、数件ほど新テーマ提案を投げてみたのですが…その結果、まさかの「全部、来週説明してください」指令。(^_^;)

完全に自分の首を絞めてる気がしないでもないですが、まぁ、適当に暴れてみよっと。
posted by ほあほあ at 00:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

ビアパーティ@会社

080723_1909~02.JPGウチの会社は、いまどき珍しいくらい社内のイベントが開催されるのですが…本日は夏の恒例となっている、中庭でのビアパーティでした。

けっこう売れているらしい「不機嫌な職場」という新書では、健全な職場として、Googleなどがフィーチャーされているのですが、これらの会社では、社内のコミュニケーションを促進させるためにいろんな工夫をしており、社員旅行みたいな企画もけっこう開催されるのだとか。

そういう意味でいうと、ウチの会社はやっぱり健全な職場なのだろうなぁ…と、改めて実感。

ま、職場がどうであれ、個人的に楽しく仕事ができていれば十分満足なんですけどね、ワタクシは。

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)
河合 太介

講談社 2008-01-18
売り上げランキング : 346
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by ほあほあ at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

最近イイことない

先月、バタバタしながら無理矢理某会議に投稿した論文…残念ながらrejectくらいました(T_T)

会議自体のレベルの高さ(ポスターセッションの採択率が30%以下って一体…)や、変なreviewerに当たってしまった不運もありましたが、まぁ、要するにサラリーマン兼務しながら片手間でやった研究がそう簡単に受け入れられるほど世界は甘くないぞ、ということですね。

凹みつつも、燃えてきました。
posted by ほあほあ at 21:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

2008年6月・AI研究会

…に、参加してきました。

参考:
http://www.ieice.org/~ai/jpn/index.php/20080630

今やっている仕事(←必ずしも自分の研究のことではないんですが)と関連している研究発表が多かったので、久々に完全聴講モードでの参加となりました。

私の研究はどっちかというと統計解析寄りなので、AI研究会の主流とは若干方向性が異なっているのですが…久々に異分野の発表が聴けて、まぁこれはこれでよかったです。

(とはいえ、じゃあ自分もオントロジー作ってみますか…とは考えられないですけどね、やっぱり(^_^;))



話が完全に脱線しますが、今回の研究会の会場となった「サピアタワー」の入口フロアにあったファミマは、なんと無料の無線LANスポット。その上、電源付きのカウンターテーブルもあり、IT人間にとっては至れり尽くせりでした。
posted by ほあほあ at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

PRMU/DE研究会@小樽

…に、発表者として参加してます。
#なにげに、プレゼンは久々かも。(^_^;)

今回の発表は、個人的には新ネタだったんで、聴衆の反応も気になりましたが…すばらしいデモシステムを作ってくれた元・インターン生のおかげで(?)、まぁまぁ好評だったと思います。



…が、Linuxでしか動かないシステムなので、事務処理(=メール)用のPCのほかに、LinuxOS搭載PCを持参するはめに。。腰痛持ちにはしんどかったっす(苦笑)
posted by ほあほあ at 00:18| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

ひとやまこえた

先月から先週くらいまでにかけて、論文の〆切、出張()、リリース、その他通常業務のヤマがほぼ同時に押し寄せてしまい、なかなかしんどかったですが、ひとやま越えた感じです。

さーて、これでやっと新しい研究に着手できるかなぁ〜と思ってたりもしているんですが、よくよく考えると、先週までは異常に忙しく、今週からは普通に忙しくなるだけでした(苦笑)
posted by ほあほあ at 01:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

NTTオープンハウス2008

080530_1033~0001.jpg研究会参加で関西に来たついでに、NTTコミュニケーション科学基礎研究所のオープンハウス2008に参加してきました。

http://www.kecl.ntt.co.jp/openhouse/2008/index.html

個々の展示物に言及していくとキリがないので、全体的な所感のみ述べさせていただきますが…研究所員の方の説明の仕方はいろいろ参考になりますね(良いところも悪いところも含めてw)。

あと、説明者の多くに…

  「で、この技術は何に使うんですか?」

…という、研究者にとっては禁句の(苦笑)質問を投げさせていただいたのですが、それに対して「いや、これは基礎研究なので(略)」と言い切れる(人が多かった)あたりは、さすが天下のNTT研だなぁと思いました。

「研究者はしっかりとした研究に取り組めばよい」という、同様の趣旨の発言は、夕方の「未来想論」の講演会のパネリスト(楽天技研の森代表とか)からも出ており、個人的には激しく同意。

私の勤め先は実用志向がかなり強く、じっくりと研究に取り組めない側面もあるので、まともに研究内容で勝負となると、やっぱり太刀打ちしづらいなぁと感じました。

(と思う一方、研究成果が世に出やすいというメリットもあるので、なかなか難しいところではあるんですが)
posted by ほあほあ at 13:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SIGMUS75@神戸

…に、行ってきました。

http://www.ipsj.or.jp/sigmus/SIG/sig200805program.html

ただ、あいにく仕事の都合で初日の「ぼかりす」祭りには参加できず。2日目のプレゼンでやたらミクネタが出てたのを見ると、相当盛り上がったんだろうなぁ〜、と、残念な思いでいっぱいです。

今回はHCI研究会との共催ということもあり、面白いアプリが盛りだくさんでしたが、見た目ハデなものの中身は…みたいなのも少なからず。GUIの実装が容易になっている分、コア技術にちゃんと取り組まなあかんですな。
posted by ほあほあ at 01:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

研究会・専門委員

今年から専門委員を仰せつかった研究会の本年度1回目の委員会に参加させていただきました。

1回目ということで、今回はほぼ自己紹介だけのために来たような感じでしたが(笑)、いろいろ交流が広げられそうで楽しみです。



…が、〆切でテンパっていたため、学会のセッション中はひたすら論文執筆に熱中していた、講演者に超・失敬な専門委員になっちゃってました(内容的にも個人的な興味と少しずれていたという事情もありますが…)。すんませんm(_ _)m
posted by ほあほあ at 11:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

論文いろいろ

GWが入り、なんとなく仕事に乗り切れない状況が続いてますが…よくよく考えると今月中には研究会の論文原稿と、某国際会議への投稿用原稿の執筆、さらには面倒みているインターン生の国際会議投稿用原稿(2名分)のチェックもしなきゃならんのです。

最近、年齢…もとい、経験年数(一緒やがな)のせいか、他人様の論文のチェックばっかりしている気がするのですが、そうなると自分の論文がどうしてもおろそかになってしまいます。人はこうやって研究の第一線から退いていったりするのでしょうか?



と、妙に後ろ向きな考えに走ってしまう今日この頃なのですが…まずは自分の国際学会論文をがんばって執筆し、今年度中の海外出張を1件は確保しときたいところです(笑)
posted by ほあほあ at 01:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

ぼかりす騒ぎ

ITmediaより:

初音ミクの“神調教”が自動で!? 「ぼかりす」に話題騒然
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/01/news103.html

ということで、嵐を巻き起こしてますね〜>Nさん、Gさんw

同業者としては、ニコ動に研究成果をアップするというアピール方法は、なんというか、参りましたm(_ _)m

サラリーマン研究員としては、なかなかこういう手は使いにくいのですが(会社が許してくれないと思われ…)、Web時代の研究成果発表方法としては、アリですよね。新聞などの既存マスメディアに発表するよりよっぽどインパクトありますもん。

ということで、今後の参考にさせていただきます☆
posted by ほあほあ at 01:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

ばたついてます

ということで、けっこう放置しちゃいました。

相変わらず、今年からの研究テーマについてあれこれ悩んでるという状態なのですが、個人的には新規の分野への進出を目論んでいるので、いろいろ文献とかを漁っているところです。

この作業、よくよく考えるとけっこう久々なので(これまでいかに惰性で研究を続けていたのかが顕在化してもうた(^^;))、知的な刺激を受けて楽しいときもあれば、わけわかんなくなって眠くなることもあります。

半年間の都心サラリーマン生活を改めて振り返ると、かっちりとしたタイムスケジュールに則って行動するサラリーマンと、自分時間中心で仕事する研究者とでは、やっぱりかなりの違いがあるなぁ〜と、改めて実感。

ということで、今後はこの2つの職種を兼務させるのはあまりおススメしませんよw>弊社のエライ人
posted by ほあほあ at 22:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

いろいろ悩み中

半年のサラリーマン生活は、研究者生活での半年間のブランクも意味しています。

「兼務だからブランクなんか空いてへんやん」と思われるかも知れませんが、さにあらず(少なくともワタクシ的には)。研究者生活を外から眺める立場になると、自分が本当に何をやりたかったのか、よくわからなくなるから不思議なものです(^_^;)。

悩みの要素は以下の3つ:

1. シーズベースorニーズベース?
研究者時代には、研究プロジェクトの計画にはもっともらしい目的を書いていたものの、基本的には自分のやりたいことがベースにあり、その目的を追求させるための言い訳作りとして、世間あるいは会社のニーズをでっちあげてました。が、今になってみると、そんなアプローチでは会社の研究員としてまずいかなぁと、思ってしまっています。

それに、詳しいことはここでは書けませんが、うちの会社として、超・重要な研究テーマにも関わらず、誰も(社内では)やっていないものがあるので、専門的に多少近い自分が音頭をとる必要があるのか?と、自問自答したりしています。

2. 継続or新規?
上の内容とも関連しますが、半年前までやっていた研究テーマを復活させるべきか、それともこの機会にリセットして新たなテーマを追求すべきか、悩ましいところです。

タイミングとしては今しかない!と思いつつ、研究者としてはイイ歳でもあるので、ここへきての路線変更は正しいのか? かといって、現テーマでは画期的なサービスとかは実現しづらいような気もしているのが悩ましい(まぁ論文程度ならいくらでも書けるんですが)。

3. プレイヤーorマネージャ?
自分の研究テーマを抱えつつ、数少ないとはいえ、部下クンの面倒も見なきゃいけないので、自分のテーマがかなりおろそかになってきている感が否めません。

が、立場上、自分の研究にのみ没頭するのもかなり難しいので、いっそのこと自力での研究はあきらめちゃう?…という、ハッキリいってかなり不健全な状態になってきているような気がします。


とかなんとかぐだぐだ考えているうちに(というよりは雑務に追われているだけ?)、4月中旬に差し掛かってしまいました。いい加減、2008年度の方向性を決めないといけないのですが。。
posted by ほあほあ at 23:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

どたばた

実質的な仕事はあまり変わらないとはいえ、異動は異動なので、いろんな雑務でばたついています。

たとえば…
  • ノートPCに集約していたメールを、デスクトップに戻す方法の検討および実行
  • 異動にともなうご挨拶メールのばらまき(まだやってないけど)
  • 元の部署に新しく来た人への仕事の引き継ぎ(まだやってないけど)

…に加え、前回のエントリーで申し上げた部下クンの英語論文チェックや、突発的な日帰り出張。

プラス、通常の年度替りにともなう雑多な事務処理。

プラス、通常のお仕事。

ってことで、ぼーっとしている時間はほとんどなかったにも関わらず、知的な仕事は全くできていない一週間でした。

研究者として復帰したので、そろそろちゃんと研究したいんですけど。。。(^_^;)
posted by ほあほあ at 01:14| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

復帰

今日から新年度…ということで、私も無事に(?)研究職に戻ることができました。

サラリーマン側の職場にも微妙な割合で引き続き兼務にはなってるんですが、まぁ当初の口約束通りの結果になってほっとしています。たまに理不尽な異動があっても最終的には本人の希望が通る分、弊社はまだ健全なのかもしれません。w



…が、最初の仕事が某国債学会への初・投稿を目指す後輩君の英語論文チェックというのが微妙(苦笑)。当初の〆切を延ばしてくれるのはありがたいのですが、もう少し日本の年度明けの時期とか考えてほしいよね。
#と、無茶を言ってみる。
posted by ほあほあ at 00:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。