2011年03月18日

「日本の『安心』はなぜ、消えたのか」

大変な状況が続いていますが、この状況を活用(?)して、いろいろ勉強しています。

そんなわけで、標記の本を読みました。

日本の「安心」はなぜ、消えたのか 社会心理学から見た現代日本の問題点日本の「安心」はなぜ、消えたのか 社会心理学から見た現代日本の問題点
山岸 俊男

集英社インターナショナル 2008-02-26
売り上げランキング : 5369

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本人は集団主義、欧米人は個人主義…と、一般的には思われていますが、本書では、さまざまな社会心理学の実験を通じて、日本人も欧米人と同じくらい個人主義的であることを示しています。

その上で、本書では、古き良き日本の「安心社会」は、日本人がお互いを信頼して成立していたのではなく、逆に、他人を信頼する必要のない閉鎖的な環境だったからこそ成立していた社会であること、近年のグローバル化で社会の閉鎖性がどんどん低下している(=オープンになっている)現状においては、旧来型の「安心社会」から他人を信頼しあう「信頼社会」への転換が求められていること、そしてそんな社会に適応しきれないでいる日本の現状などについて、非常にわかりやすく説明しています。

実名制のSNSを売りにしているFacebookの進出が話題になっていますが、これはまさに本書でいうところの「信頼社会」のWeb版とみなすことができます。Facebookがうまく日本のWebユーザにも普及すれば、日本が「信頼社会」になるための一歩になる(そして、本書によれば明るい未来が待っている)ことになると考えられますが、どうなるのかなぁ〜というのが、私が本書を読み終えて最初に感じたことでした。

個人的には、本書の主張には概ね賛同です。読んだ内容をすんなり受け入れる傾向が強い、純粋な心の人間ということもありますが(笑)、実際に実名ベースの情報を晒した状態でソーシャルメディアを利用しており、そのメリットを強く実感する場面が多いからです。ただ、実際には実名をWebに晒すことに抵抗を持つ日本人が多いというのも事実なので、本書でいうところの「正直者が得する」仕組みを実現する新たなサービスが作れないかなぁ〜と、考えていたりします。
posted by ほあほあ at 17:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。