2011年03月12日

地震の日メモ

記憶が残ってるうちに、この日の出来事をメモっておきます。乱文恐縮。

----
<地震発生>
揺れ始めの時点では、地震のない国から来ている海外研修生くんと「日本の地震が体験できてよかったねー」という軽い会話を交わしていたのですが、揺れの長さと大きさから、さすがに尋常ではない事態が発生したことに気づく。まず脳裏をよぎったのが、ヨメさんが帰れるかどうか?と、たまたまその日に東北方面に出張していた職場の人の安否(←ちなみに全員無事とのこと。まだ現地でハマってそうですが…)

<なのにデモ対応>
地震発生の1時間後くらいにお客さんへのデモ対応の予定が入っていたので、誰もそれどころではないだろう…と思いながらもバタバタと準備してデモを実施。いま振り返っても、動揺していたせいか、gdgdな説明になっていた気がする。

<その後〜退社まで>
会社からは「徒歩で帰れる人は帰宅、電車停止で帰れない人は職場待機」との指示。自分は自転車通勤なので前者なのだが、週明けデッドラインの仕事がいくつかたまっていたり、他のメンバーの状況も気がかりなのでしばらく残る。しかし、都下方面に取り残されているヨメさんから「早めに帰って迎えにきて」指令メールが届いたりして(←その後「宿泊先が見つかった」との連絡があり、結果的には無問題)、正直仕事どころではない状態。なので、後ろ髪をひかれつつも、19時すぎくらいに退社。

<自宅到着>
自転車をこぎながら自宅近辺に近づくと、明らかに違和感のある暗さ。どうやら周辺一帯が停電しているらしい(ということで、機械式駐車場に入っている愛車は出しようがなく、結局は誰も迎えに行けない状態だった)。マンションのエントランスホールに入っても当然真っ暗で、どうやって自分の居住階まで上がろうかと逡巡したのだが、たまたま懐中電灯を持って歩いていた住民の方(顔は暗くて見えず…)に先導いただき、なんとか部屋まで到着。

部屋に入っても当然真っ暗なので、とりあえずはケータイの明かりを頼りに、壁のコンセントに差されている非常灯兼懐中電灯を探したものの、明かりが貧弱でほぼ使えず…orz。仕方なく、ノートPCの明かりを頼りに(苦笑)部屋の様子をざっと見回す。思ったほど被害はなさそうで一安心。携帯(音声通話)は通じないけど、データ通信は問題なさそうだったので、しばしPCでTwitter・Facebook・mixiなどで自分の状況報告や友達の状況などを確認。ガスは使えたので、お湯をわかすだけで作れる食事で夕飯を済ます。

深夜時間帯になり、ようやく携帯での電話がそこそこ通じるようになったので、ヨメさんに連絡。冷蔵庫の中身が心配とか、宿泊先(友人宅)の犬が可愛いとか、いつも通りの様子で安心。実家にも連絡し、同じく無事を確認。そして、貴重な照明源であるノートPCや携帯(笑)をこれ以上使うのもリスキーだと思い、真っ暗な中、就寝。

<翌朝>
余震や緊急地震速報にちょいちょい起こされつつも、割とすっきり起床。太陽の光に感謝。

そして、停電のせいで、前夜にはつけることができなかったテレビを見ると、被害の惨状が刻々と映しだされていて、改めて被害の大きさを知る。。自分は運が良かったのだなぁと実感。

----

被災者の方、ならびにその家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。
posted by ほあほあ at 12:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。