2011年02月27日

2011年2月PRMU研究会

…遅くなりましたが、参加してまいりました。プログラムはこちら:

2011年2月 パターン認識・メディア理解研究会
http://ow.ly/44eI1

今回の特別テーマは「映像処理とTRECVID」ということで、国内からTRECVID 2010 に参加した方々が勢揃い。それぞれTRECVIDで取り組んだ内容や結果についての発表が行われ、さながら国内向けTRECVID参加報告会と化しており、かなり充実した内容でした。

私自身がTRECVIDに最初に参加した2003年の頃は、国内からはウチの会社とNIIしか参加組織がおらず、若干さみしい思いもありましたが、今回の研究会では、TRECVID自体の規模が拡張しているにも関わらず、ほぼすべてのTrackについてそれぞれ別の研究者からの充実したレポートがありました。隔世の感がありますね…笑

ただ、各発表者の内容を聞く限りでは、TRECVIDから与えられる大規模な学習データを入力とし、計算機をゴリゴリ回して識別器みたいなのを大量に構築し、その結果を元にタスクを解決するというアプローチが圧倒的に多く、その点だけは当初からあんまり変わっていないような気もしたりしました。

そして、TRECVID基準における高精度な検索結果と、一般ユーザが期待する映像検索システムの結果との間には、まだまだ乖離があるように思えます。具体的にいうと、前者を狙うのであれば、near duplicate 的な結果を得ることが極めて効果的なのですが、おんなじような結果しか出してこない検索システムってあんまり実用性がないよね?という話。

そういう意味で言うと、やはり今後の映像情報検索技術の発展のためには、下手に結果を狙わず、新しいアプローチを持った組織がかき回す必要があるんじゃないかなぁと思います。今回の研究会(←末端ながらいちおう私も企画担当させてもらっていました)をきっかけとして、日本国内からも勇気を持って参加してくれる組織がどんどん増えてくれれば嬉しいです。

(参考情報1)
本研究会中のツイートを @_akisato さんがトゥギャってくれています:

Togetterより:
PRMU研究会(テーマ:映像処理とTRECVID) 初日 2011.2.17
PRMU研究会(テーマ:映像処理とTRECVID) 2日目 2011.2.18

振り返ってみると、めっちゃツイートしてるなぁ(^_^;)>自分。

(参考情報2)
初日の特別講演「大規模一般画像認識と画像表現」(残念ながら私は聴講できず…泣)のスライドを、講演者である東大・原田先生が公開しています。(PDFへのリンク
posted by ほあほあ at 23:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。