2010年12月05日

ぎっくり腰中に読んだものまとめ

…を、先週末やっちまいました。たぶん、5年ぶり3回目。

そんなわけで、せっかくの日曜日(しかもヨメが仕事で不在)だったにも関わらず、寝床から出ることなく過ごすハメに。。横になりながらだとノートPCも操作できないので、ひたすら読書&iPod touchでネットサーフィン(死語)をしてました。

せっかくなので、レビューをば。

電子書籍の真実 (マイコミ新書)電子書籍の真実 (マイコミ新書)
村瀬 拓男

毎日コミュニケーションズ 2010-07-24
売り上げランキング : 162195

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者は否定しているが、完全に出版社目線からの電子書籍分析。日本語の出版物を完全にデジタル化することの難しさは、まぁ、わからなくはないのですが、AmazonとかAppleとかGoogleとかはそんなのカンケーねー(死語)と参入してくるでしょう。となると、問題はユーザ(読者)がどこまで出版社が守ろうとしているコダワリを気にするか?ですが、なんとなく「電話は絶対に通じないといけないんだ!ベストエフォート?ありえん」と言ってる昔の電話会社のイメージとかぶる。

私が彼を殺した (講談社文庫)私が彼を殺した (講談社文庫)
東野 圭吾

講談社 2002-03-15
売り上げランキング : 3689

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ヨメさんが昔買ってた文庫を引っ張り出してきてくれた。「犯人は、あなたです」と、加賀刑事が真犯人を指差す直前で終わる。この結末を知らずに買ってたら発狂しそうだ。w

町長選挙町長選挙
奥田 英朗

文藝春秋 2006-04
売り上げランキング : 157962

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ひと通り積んでもらった本を読み終わったので、仕方なく?iPod touchで買った初めての電子書籍。内容については、まだ全部読んでいないので置いといて、ぎっくり腰のときはiPod touchでの読書が一番快適かも…と思いました。文庫本よりも軽いし。ただ、電子書籍ならでは?の機能として提供されている、文書中の言葉をハイライトしたり、Web検索できたりする機能は、小説にはあまり意味がないような。
posted by ほあほあ at 01:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。