2010年05月29日

高校生への講義

昨日(5/27)、某・都立高校にて、高校1年生向けに講義をする機会をいただきました。非常に貴重な経験になったので、忘れないうちにエントリーアップ。

この講義は、その高校のキャリアガイダンスの一環として行われているらしく、1年生にはいろいろな仕事のことを知ってもらおうという主旨で、幅広い職業の方が呼ばれていました。具体的にいうと:検事、キャビンアテンダント、管理栄養士、カーエンジニア、公務員、広告制作者(抜けがあったらすみません…)、そしてなぜか研究員(←ワタクシ)

研究員としては数多くのプレゼンをしてますし、大学でも4年間くらい授業を持たせてもらいましたが、高校生(しかも1年生)相手の講演となると、さすがに未体験ゾーン。一体どんな話をしたら良いのかと悩みましたが…いつもの技術的な研究紹介は高校生には全く響かないというコメントなどもあり、企業の研究者としての体験と、研究者という仕事の魅力を伝えることをテーマに設定しました。

そして、授業開始:

R1001118_2.JPG


…いやぁ〜、こういう教室に入ると嫌でもノスタルジックな気分になります。笑

講義を受けている生徒の態度は、普通に興味を持っている生徒、友達とはしゃいでる生徒、「ったりぃ〜」的な低テンションの生徒、単に眠そうな生徒など、実に多種多様。なんやかんや言いながらも能動的に講義に来ている大学の学生とは全く違う空気感で、教壇に立って早々に「いかにコイツらに自分の話を聞いてもらうか?」と、ギアを一段上げざるを得ないと感じました。

で、結果どうだったのかというと…自己評価ですが、まぁ悪い出来ではなかったかなぁと思います。

CAの人は研修で受けた授業を再現したりして、職業の疑似体験ができるように工夫していたようですが、研究者の場合はそれはさすがに難しい。しかし、研究というプロセスを紹介する中で、「キミならどうする?」と、ちょいちょい生徒にからみながら、多少は新しいことを考える体験はさせられたと思います。また、身近な話題である「ケータイ」を中心に説明できたのもよかったです。

(自分、ケータイで実用化されている技術を作ったことがないんですが、まぁそれは置いといて…苦笑)

そして、最初はバラバラな空気感ではあったものの、徐々に話に興味を持ってくれる生徒の様子を見ると、やっぱり授業は楽しいなぁという思いを新たにしました。大学のときとは、また別の感覚ではありますが、なんというか、いいエネルギーをいただきました。

正直、準備はなかなか大変でしたが、また機会があればやらせてもらいたい仕事ですね。
posted by ほあほあ at 00:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。