2009年06月10日

平易な文書

現在、〆切が迫っている論文(条件付き採録を受けての再投稿)と、一般ぴーぽー向けの雑誌の記事と、詳しくは説明できませんが要するに会社のエライ人向けの資料の執筆を並行して進めています。

学術論文の場合、自分の提案手法の有効性を実証するために必要な情報は、漏らさず説明することが基本です。なので、下手くそな人が書くと、情報がてんこもりになって、結局この論文では何が言いたいんだ?…という、わけのわからん文面になりがちです。

ワタクシは、いちおうベテラン研究員のはしくれなので、必要な情報を出しつつも、論文の要点(どんな問題をどうやって解決するのか?提案した方法で課題が解決できてることは実証できているか?)を文章としてまとめる能力は、人並みにある…つもりです。
#ボスがこれを見てたら怒りだすかもしれませんが。w

で、一般ぴーぽー向けの文章を書く際には、当然ですが、学術論文以上に、情報を絞り込む必要があります。




…と、アタマではわかってるのだが、どーーーしてもうまく文書が書けない状態にハマってるところです(-_-;)。

一般ぴーぽーから見ると、自分は相当へたくそな文章書きに思われるんだろうな。。汗
posted by ほあほあ at 00:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。