2010年10月31日

ACM Multimedia 2010(学会編)

10/25〜29に開催された国際会議・ACM Multimedia 2010 に参加するため、イタリア・フィレンツェまで出張してまいりました☆

ACM Multimedia 2010
http://www.acmmm10.org/

なんやかんや、年1回くらいは国際会議に参加させていただいているのですが、自分の主戦場であるマルチメディア分野の最高峰会議の1つである ACM Multimedia には何気に久々の参加となりました(記憶が正しければ最後の参加は ACMMM'03 @ Berkeley)。

会場となったフィレンツェの街は想像以上に美しく、食事も美味しく、かなり満足度は高かったですが…そのあたりのご報告は別エントリーでするとして、ひとまず会議についての感想をば。

続きを読む
posted by ほあほあ at 22:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

Mac mini 買い替え&移行作業

手持ちのiPod(Classicという呼称が出る前のClassic型)が、勝手に曲をスキップしたり、ほぼ動画が視認できないくらい画面表示が乱れてきていたりするなど、だいぶ限界を迎えていました。そこで、先日発売が開始された新・iPod touchを誕生日プレゼントとして先月いただきました。やったー。

…と、喜んだのも束の間、手持ちのMac mini(未だPowerPC搭載)ではOSが古すぎてiTunesが受け付けてくれないことが発覚。orz

せこくOSのみをアップデートする方策もありましたが、このMac miniもだいぶ動作が遅くなっていたので、ヨメさんを説得して新しいMac miniも買うことにしました。やったー。

ということで、めでたく我が家におしゃれなアルミ筐体のMac miniが降臨なさったわけですが、ヨメさんは自宅でも多少の資料作りを要するお仕事なので、旧Mac上のデータを新Macに移行させる必要があります。

マカーならご存知の通り、Macには「移行アシスタント」という超・便利なユーティリティがありまして、新旧のMacを接続するだけで、ユーザの情報やデータごと新しいMacにごっそり移すことができます。ちなみに、先々代のMacがOS9だったので、私自身は使ったことがなかったのですが(苦笑)…まぁとにかくそういうことができるという情報を事前にゲットしていたので、移行の作業もさっくり済むかなぁと見積もっていました。

ともあれ、作業開始(写真参照。親子亀のようですw)

175830486.jpg


FireWireのケーブルなんてマニアックなブツは我が家にはないので、とりあえずはイーサネットケーブルでの移行を試してみることに。イーサネットを両Macに直接差して、双方で移行アシスタントを立ち上げればOK…という話だったのですが、新旧のMac mini、お互いの存在は認識しているものの、なぜだかエラーが
発生し、結果的にこの方法では移行を行うことができませんでした。

もう少し具体的に状況を説明すると、

  1. イーサネットを接続した状態で、新旧Macで移行アシスタントを起動
  2. どっちかのMacで表示されるパスコードを、別の方のMacの移行アシスタントに入力
    (ここまではマニュアル通りの動作)
  3. しばらく時間が経つと、再度2.のパスコードの入力を求められる
  4. 再入力後はアイコンがくるくる回るばかりで何も始まらない


…という感じです。

ここで、熱意あるギークであれば「ブログのネタにもなるし」的な感じで、徹底的にこの問題を解決するための手段を追究するところなのですが…後ろには仕事で新しいMacを使いたいとウズウズしている(うそ)ヨメさんもいる状況なので、イーサでの移行をさっくりあきらめ、パスコードの入力という単純な作業の必要
すらないFireWireでの移行に切り替えました。

しかし、前述のように、FireWireのケーブルなんてマニアックなブツは我が家にありません。そして、よくよく各MacのFireWireの差込口を見ると、旧Macの方は(個人的には)馴染みのある五角形の形状である一方、新Macは見たことがない長方形。こんなマニアックなケーブル、我が家どころか会社にもありません(苦
笑)

ということで、下記の物品をAmazonでポチっとして、納品までしばしお待ちいただいた後、FireWireで無事に移行を済ませることができました。

SANWA SUPPLY IEEE1394bケーブル 0.3m ホワイト KE-B9603W
SANWA SUPPLY IEEE1394bケーブル  0.3m ホワイト KE-B9603W
サンワサプライ
売り上げランキング : 16108

おすすめ平均 star
star新型の800しかない方には必修(?)かも
star短いとは・・・全長30cmでした。
starマック使いさん必見!の1本。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


たぶん2度と使わないであろうケーブルのための出費としては正直ビミョーなところでしたが…まぁともあれ、めでたしめでたし。
posted by ほあほあ at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

SIGMUS87@KDDI研

…に、参加しました。というか、会場担当でした。

第87回音楽情報科学研究会プログラム
http://www.sigmus.jp/SIG/sig201010program.html

音情研の一大イベントとなっている通称「夏シンポ」の直後の例会、他の研究会との共催なし、そして地味なロケーション。お寒い研究会になるんじゃないかと、会場担当としてやきもきしていたのですが、NTT・コミュニケーション科学研究所の上田所長を招待講演者としてKDDI研にお招きするという、大胆なアイデア(蛇足だが、こういう企画のセンスはほんっとに身につけたい)などにより、けっこうな盛況となりました。

上田所長のご講演は、事前の私の予想を軽々と越えるほどバリバリの技術的な内容。「SVMは好きじゃない」(注:技術的に完成していて機械学習の研究者として面白くない、の意)など、一研究者としての趣味志向が満載のトークで(苦笑)、背景知識がかなりないと理解しきれない高度な内容でしたが、異文化コミュニケーションという意味では大変良い刺激になりました。スライドも期間限定で公開いただけるということなので、公開されたあかつきには、ちゃんとダウンロードして、しっかり勉強させていただく所存です。

一方、会場担当としてのつぶやき。

あまり知られていないのですが、ウチの会社の会議場はけっこう設備が充実していて、社内利用メインなのがもったいないなぁと、実は前々から思っていました。そんなわけで、今回SIGMUSの皆様をお招きする機会をいただき、個人的には密かに楽しみだったりしたのですが、いやぁ〜想像以上に大変でした。(^_^;)

しかし、試験的に提供した無線LAN環境がしっかり活用されていたり(#sigmus つきツイートがいつになく多かった)、懇親会が盛り上がったり、2日目のデモにも好意的なコメントを多数いただいたりして、苦労しましたがやってよかったなぁ〜と、一人で満足しています。次の機会では別の人が会場担当になっていることでしょうけど(笑)、また活用いただければ幸いです。
posted by ほあほあ at 01:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

CEATEC Japan 2010

TS3O0063.jpg…に、説明要員として、期間中3日間(初日、4日目、最終日)参加させていただきました。

過去にも何度か展示会出展の経験はあったのですが、今回はそんな過去の経験の中でも類を見ないほどの忙しさで、終わったあとはぐったりでした。当社ブースが諸事情により(苦笑)けっこう注目度が高いブースだったこともあるでしょうし、ま、単純に歳のせいだったのかもしれません。(^^;)

そんな状況だったので、他社ブースの調査もほぼできなかったのですが、いくつか思うところをあげると…

  • 3D相変わらず花盛り。が、個人的には1月のCES調査で食傷気味だったのでほぼスルー。
  • …と言いつつ、通りすがりでも楽しめたソニーの巨大3D画面はすごかった。自分で買うかはさておき、ゲーム×3Dはアリだなぁ。
  • 初日の休憩がてら、あいさつに訪れた産総研ブースで「未夢」ちゃんの歌をじっくり堪能できたのはよかった。その後、顔動作生成の開発についての裏話を読み、さらに触発されました。
  • 若い女性コンパニオンさんの存在は日本の展示会の文化らしい。


…自分とこの出展の振り返りは、社内向け資料にとどめときますが(すんません)、拙い説明を聞いていただき、かつ多大なコメントをいただいた皆様にはこの場を借りて深謝します。
posted by ほあほあ at 18:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。