2010年09月09日

2010年9月PRMU/IBISML研究会@福岡大

…に、参加してきました。プログラムはこちら

今回のPRMU研究会は、今年から新たに1種研究会として発足したばかりのIBISML研究会との初めての共催。機械学習とパターン認識は、研究内容的にもかなり関連が深い分野なので、この2つの研究会の組み合わせにはかなりシナジー効果が期待できます。

TS3O0026.jpg個人的には、NII・宇野先生による招待講演が楽しみで、日曜から参加させていただきました。ご講演のタイトルは「パターンマイニングの新しい落しどころ」ということで、行き詰まり感がある(宇野先生の私見)パターンマイニングという研究分野に新たなパラダイムシフトをもたらすための考えのご披露が中心の内容でした。

門外漢ゆえ、詳細な内容は理解しきれていないとは思いますが、日常業務でデータマイニングに近い仕事をやっている身として、宇野先生がおっしゃっていた問題(例:本来の「マイニング」とは知りえなかった情報を発掘することを目的としていたはずなのに、いつの間にかアルゴリズムの深堀りに研究がシフトして、エンドユーザにとって実用的な研究成果が出なくなっている、等)は納得のいくものばかりでした。

研究会のあとは、簡素な懇親会(学生さんの参加を促すため、会費をぐっと抑えて乾き物+缶ビールのみ。この方針は賛成です)が開催され、そこでも宇野先生を捕まえてあれこれ議論させていただきました。生々しい話が多かったので、ここで詳細を述べることは差し控えますが、専門外かつほろ酔いの私の話に丁寧に対応いただき、感謝です。

2日目の栗田先生と前田先生の特別講演も、もう少しパターン認識の背景がわかっていれば面白かったのかもしれませんが…なんせ「部分空間法って日本人が考案したんだぁ」くらいの理解レベルなもので(以下略)
#こんな発言してたら一部の方に殺されるかも。。

なお、PRMU研究会の後はそのままFIT2010@九大に参加しましたが、その話は後日、別エントリーにて。写真は、本文とは全く関係のない「一蘭」のラーメン。うまかった。
posted by ほあほあ at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。